230ルーメン 2019年版 Maglite XL200 ブラック登場

こんばんは、lrgear 店長です。

2019最新版、230ルーメンの XL200 が順調に到着しております。
先行でグレーのみ販売しておりましたが、本日ようやくブラックが入荷しました。

2019年最新版のXL200は、ついに明るさ200ルーメンを突破した。
明るさ230ルーメンは、EDC (Every Day Carry) においても
十分実用的なモデルと言えるだろう。

マグライトといえば、トレードカラーはブラックだと思います。
結構色んなカラーがあったりしますが、個人的にはブラックと、次いでシルバーでしょうか。
マグライト=ブラックは、割と皆さん抱いているイメージだと思うところで、ブラック到着はとても待ち遠しかったです。
早速手元のメイン装備も、先行で到着していたグレーからブラックに更新しました。

XL200 は旧モデルまでは172ルーメンと、アウトドアで使うには明るさが少し足りないかなと思っていましたが、
今回のマイナーチェンジにより230ルーメンに強化、ついに不満の無いモデルとなりました。
私は旧172ルーメンから XL200 を愛用しておりまして、今回のマイナーチェンジは待ってましたというところです。

旧モデルと比べてみても明るさが段違い、見た目にわかる程の違いです。
200ルーメン未満でも、街中の暗がりや公園などで使用する分には問題ありません。
車の整備や暗所作業ではむしろ50~200程度が使いやすく、500ルーメン以上では明るすぎて何も見えなくなったりします。
なお、XL200 はMAX230ルーメンで、モーションコントロールによる無段階の明るさ調整が可能です。

登山の基本はヘッドライト装備だと思いつつ、ハンディライトでも登山する私の主観ですが、
200ルーメン以上からアウトドア、登山などにも使えるようになりまして、
それ以下ではやはり暗いと感じて、少し心細くなるものです。
200ルーメン以上になると、EDC もちろん、登山でも十分な性能です。

クリップ、アンチロールレンズカバー、カラーレンズ、クリップ取付工具は通常モデルには付属しない、タクティカルパックのみの付属品となる。
クリップとアンチロールレンズカバーはマストアイテムといえるだろう。
lrgear ではタクティカルパックのみ取り扱う予定だ。

XL200 については現状、通常版の取り扱いは考えておらず、タクティカルパックのみ取り扱う予定です。
クリップ、アンチロールレンズカバー、カラーレンズ3色、クリップ取付工具はタクティカルパックのみの付属品で
カラーレンズこそ役割が思いつきませんが(野生動物鑑賞時に赤は使うかもしれませんが)
クリップ、アンチロールレンズカバーは必須ともいえるオプションです。

本日より出荷作業に移りますので、販売開始は数日後になります。
品切れになってもすぐ入荷しますので、この記事からリンクしております amazon の商品ページにご注目ください。